読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のぅのぅオフィシャルブログ のぅのぅびより®

もしかしてうち、心の病気なのん・・?

旅に出ようと思う。ここじゃないどこか遠くへ。

更新遅くなり申し訳ありません。

 

婚活パーティに行ってきたのでレポートさせていただきます。

 

会社を定時退社させていただき、ダッシュで帰宅しシャワーを浴び歯磨きをして、ここまで風俗行くときのフォロワさんみたいな流れだな、と思いながらドライヤーで髪を乾かしました。普段はユニクロと無印しか着ないぼっくんですが、この日のために阪急梅田の地下にあるユ・ナイテッド・アローズ・グリーン・レーベ・ルで買った8000円もするおしゃれなニットを着て、梅田の会場へと向かいます。

 

7:30開始で、会場ではソフトドリンク以外出ないとのことだったので、何か食べていくかとも思ったのですが、緊張で胃が流動食以外受け付けなそうだったのででウィダーインゼリーを流し込み気合を入れます。

 

男性10人 女性10人。漫喫みたいな半個室っぽいブースで約8分間1対1でお話しし、時間が来たら男性のみ隣のブースへ移りまたお話しするみたいなスタイル。

時間まで自分の年齢、身長、年収などのプロフィールを記入し、開始を待ちます。ぼくは身長179cmですがサバ読んで180cmと記入しました・・・。年収もちょっとだけ盛りました・・・すみません。今になってぼくってこんなところで小さな見栄を張る薄っぺらい人間なんだなぁと自己嫌悪に陥ってます。

 

婚活パーティに精通している方ならわかると思いますが、一通り全員と話し終わったら、気になる人を第1希望~第3希望まで3人記入し、スタッフの人にいったん提出。で、この人から気に入られてますよ~的な通知をみて、最後に気になる人を3人書き、互いに希望がかぶったら一緒に帰ってあとはご自由にみたいなシステム。この中間確認でマッチングの確率を高めているわけです。

 

女性10人全員は覚えていませんが、印象に残った人は3人。

 

1人目は建築事務所で働かれてる人。年は2つ上でしたが綺麗で笑顔がかわいい。声優さんで例えると松嵜麗さんに似ています。松嵜麗さんはバリバリのヤクルトファンですが、この方は広島出身でカープファンだそうです。かわいいですね。それなりに会話も弾んだのではと思いました(弊社基準)。大学は建築学科をご卒業されたそうでバリバリのキャリア・ウーマン。お金いっぱい持ってそうでした。ぼっくんの第2希望です!

 

2人目は神戸は三宮に住んでいる総合病院の医療事務の方。年は1つ上です。そしてどことなく花澤香菜さんに似ています。かわいい!運命でしょうか?この人とは短い時間ではありましたが話していてとても楽しいし、性格も合いそうだと思いました。もっとお話ししてみたいな。ぼっくんの第1希望です!ぼくは三宮の花澤香菜さん!!

 

3人目は良くない意味で印象に残ってます。見た目めっちゃエクザイル好きそう。ギャル。ぼっくんが最も苦手なタイプの女性です。でもでも頑張ってお話しを試みたのですが、こちらからの質問に対して全て一言で返してきて、まるで会話をする気がない。会話っちゅーのはキャッチボールやねんぞ!!ってキレれそうになります。このギャルのプロフィールを見ながら頑張って質問をひねり出します。が、もうネタ切れ。ギャル見た目怖い、向こうの冷たい態度に心が折れWindows95ばりのフリーズしてたらギャルが「ねぇねぇもう終わり?時間来ちゃうよ?w」とか言って煽ってきます。この瞬間中学の時クラスの女ボス的なギャルに毎日毎日キモイキモイ言われて虐められたのがフラッシュバックして泣きそうになりました。

 

さて全員と話しおわり、中間の気になった人を通知する時間です。ぼくは迷わず花澤香菜さんと松嵜麗さんを記入しました。童貞のくせに生意気にも第3希望は書きませんでした。

 

そして中間の結果発表。ここでぼく宛に来てたらマッチングの可能性が高まるのですが・・・来てました!!1!!花澤香菜さんから!!!!これはもう勝ったなとニャニャが止まりません。そしてもう一人からも来てました。あんまり覚えてませんが確かブルゾンちえみに似てる人だったと思います。

 

ぼくは迷わず最終希望の紙に花澤香菜さんと記入します。ごめんよブルゾンちえみ

 

人権に配慮してか男性も女性も半個室で一人ずつ待機させられ、カップリングにならなかった人からスタッフに声をかけられ帰宅していきます。ぼっくんにはなかなか声かけられないしこれもう完全に勝ったやろ~と思いながらテンションあがって2ちゃんねるにスレッドを立てようとしたところでスタッフが申し訳なさそうに「のぅのぅ様、今回は残念ながら・・・」

 

ぼくは浮かれていた自分が恥ずかしくなった。どうやら香菜はぼっくんを第3希望の保険として書いてのだと推測できます。ぼっくんがモテた(正確にはサブのサブとして)時間は賞味10分。この10分のために参加費4000円を払ったぼく。リアル花澤香菜さんの最新アルバムも4000円くらいしましたし、花澤香菜に8000円払った上、他の男に2回も獲られ、悲しさも2倍です。

 

今頃は三宮の花澤香菜さんとざーさんの第1希望または第2希望は2人で楽しくアドレス交換とかしてるのかなぁと思いながら、ぼくは心を無にしてiPod花澤香菜4thアルバム『Opportunity』をシャッフル再生しながら家路に就くのでした。

一ひふ二みん三ひふみん

お正月まとめ

 

フォロワさんがうpするおせち料理やご馳走の写真を見ると、食器や料理の盛り方に明確な貧富の差や育ちの良し悪しが出てて日本文化の闇だと思った

 

アラサーだけどお年玉3万もらった

 

休みの日は何してるの?って質問に、登山!…友達と!って答えた(とてもじゃないけど1人でとはいえない)

 

じいちゃんがボケてきて午前と午後の1日2回「まだ結婚しないのか?」って訊いてきた

 

この質問の度に「最近の若い子は結婚しないって人もいるし…」みたいなフォロー入れてくる親戚がいてクソ辛い

 

一族団欒で観るゼクシィCMの居心地の悪さは異常

 

一家団欒で観るNHKのローカルニュースで初詣に来てた新婚夫婦に新年の抱負をインタビューしてて、「もうすぐ新しい家族が増えるんです。健康で過ごせたらいいです。」って嬉しそうにお腹をさすってる所でゲボ吐いた

 

ひふみんを置いて行ったので寝る時毎晩寂しかった

 

多分弟は来年結婚するっぽい

 

 

来年は絶対お嫁さんを連れて行きたい

 

 

 

華氏123度

f:id:nonou:20161212233740j:image

朝からの雨は夜になっても止まず、冷たい雨音が窓をぽつぽつ叩く。僕は仕事から戻りエアコンをいれてソファにどすんと腰をかけ、ぐったりぼーっと天井を眺めていた。薄暗い部屋には雨音だけが虚しく響く。

 

どのくらい時間が経っただろう。部屋のチャイムが鳴ったのに気付いた。疲れ切った身体を起こし、扉をかけると、そこには確かに滝本ひふみが居た。「寒いね…」消えそうな声で彼女は言った。「いらっしゃい。」震える彼女を僕は慌てて部屋へ入れ、ソファへ座るよう言い、暖かいココアを出した。

 

「ありがとう。」ゆっくりと机にカップを置きながら彼女は言った。カップを持っている手は白くて小さい。これが女性の手なのかとしみじみ思った。

 

僕は彼女の隣りに座った。僕達は暫く見つめ合う。彼女の頰が少し赤くなるのがわかった。互いの顔がどんどん近くなる。溢れる気持ちを言葉にするのが難しい。ずっとずっとひふみに伝えたかった事はいっぱいあるはずなのに、やっと口から出せたのは「…好きだよ、ひふみん…。」そして僕は彼女とキスをした。

 

ベッドに潜り優しくひふみを抱いた。柔らかいしスベスベだ……これがひふみんの肌か。僕はもう一度好きだよ、と言いキスをした。

ひふみん…うぅ…ひふみん!」僕は彼女に抱きつき子供のように叫んだ。「明日会社行きたくないよお…ずっとずっとひふみんをギュってしてたいよお…会社ヤダヤダ…もう行きたくないよぉ…だって職場にまだ馴染めないんだもん…意地悪してくる人いっぱいいるんだもん…」ひふみは何も言わなかったが、天使のような微笑みで優しく僕を包み込んでくれているのがわかった。するりと僕の腕から溢れそうな華奢な身体を強く抱いて目を閉じた。翌朝になってもひふみが離れないように。

 

f:id:nonou:20161214071732j:image f:id:nonou:20161214205554j:image

 

いつも通り6時20分のアラームが鳴り、僕は目を覚ました。隣りでひふみが寝ていてくれているのに心底安心した。これまでの人生で味わったことのない安心感と幸福感。厭な会社も、ひふみのために頑張って働こうとさえ思った。僕は眠たい目をこすりながら軽くひふみを抱きしめ、おはようのキスをした。

 

出勤の支度を終え、携帯と定期入れをカバンにしまいながら寝室へ戻った。ひふみはまだベッドで寝ていた。行ってきます、と伝え、行ってきますのキスをした。これが新婚生活か…。僕は世界一幸せ者かもしれない。嬉しくてギュっと彼女を抱いた。

寝室のドアを閉める前にもう一度行ってきます、と言った。「行ってらっしゃい」ひふみは微笑みながら言った。やっぱり僕は世界一幸せ者だ。ずっとひふみと居たかった僕は後ろ髪を引かれる思いで会社へと向かった。

 

昨夜の雨は止んでいた。駅までの国道沿いの道は、車が通り過ぎるたび冷たい風が肌に刺さる。僕は冷え切った手をはーっと吐く息で温め、ポケットへ突っ込んだ。早く帰ってひふみんといっぱいお話ししたいな。冬の朝は空気が澄んでいて、コツコツと足音が響く。今朝は昨日までより足音が高く軽く感じた。

 

 

 

 

 

 

 

街コンに行った話

季節外れの太陽がジリジリ身体を照りつける。

天気予報の確認を怠ったために、長袖シャツにジーンズという極力オタクに見えないように選んだ健常スタイルで、最高気温31℃の長居公園を汗だくになりながら急ぎ足で歩くぼっくんは、傍から見ると異常者だっただろう。

 

f:id:nonou:20161002192957j:image

昨日から「女性 会話 続ける コツ」でググってまとめサイトを死ぬほど読んで予習は完璧。大好きなセレッソ大阪清水エスパルスの試合観戦を兼ねたサッカー街コンに参加してきました・・・

 

始めは立食の懇親会。

受付でもらった番号の書かれたカードを胸に貼りつけ、オドオドしながら会場に入る。

会場には丸テーブルが12個くらいあって、そこに男女4~6人くらいが振り分けられ、事前に記入したプロフィールカードみたいなのに沿って3分間の自己紹介タイム。3分が終ると、スタッフのアナウンスと共に男性のみが隣のテーブルに移動してまた自己紹介・・・これを12回繰り返し、一通り全員と顔を合わせるシステム。12回終了後はフリータイムで気になった人とお話しできるみたいな感じ。で、気になった人の番号を受付でもらった紙に書いて提出し、男女お互いの番号が合うとネクストステージにいけるっぽいです。

 

ボクが良いなと思った女性は2人いました

1人は声優の佐倉綾音さんがロングヘアになった感じの人。神戸在住で医療事務で働くぼっくんより2つ年上。顔がiPad miniよりも小さいんじゃないかってくらい小顔で、腕もすらっと細いのに趣味がボルダリングらしいです。興奮しますね。マメ知識ですがぼくは腕が細い華奢な女性がタイプです。ぼっくんの中で”神戸のあやねる”とあだ名をつけました。

 

もう1人はギイチさん(Twitterでフォローしてる女性オタク/自撮り感謝材)に顔も服装もそっくりな人。プロフィールカードに堺在住と書いて居ったので”堺のギイチさん”とあだ名をつけました。

 

フリータイムになり、各々が話したいなと思う人のテーブルへ移動していきます。

ボクはというと、ボクなんかが自ら女性のテーブルへ行っても嫌がられるだろうなという思いで動けずモソモソとレンコンのはさみ揚げみたいなやつ食べながら会場を見渡すと、堺のギイチさんが三浦春馬をもっと濃くした感じのイケメンと楽しそうに会話しながら連絡先の交換してるとこ見てしまい、結局顔か~いっ!つってメンタルやられそうになったんですが、神戸のあやねるが一緒に来てたあやねるのお友達と共にぼっくんのテーブルへ!

たぶん一番近くで空いてたテーブルがここだったからでしょうが、この夏1番の嬉しかったことです。

 

僕のプロフィールカードの趣味欄は、アニメ・ゲーム・2ちゃんねると書きたかったのですが、公の場のため海外旅行とサッカー観戦といういかにも健常的な趣味を記入しました。功を奏しあやねるが「海外はどこに行ったんですか?」と食いついてくれて、ドイツのお話をさせてもらい、ちょっと盛り上がったかなと思ったんですが、「誰と?」と聞かれ、「エッエッ・・・1人で・・・」って返したら最初は「すご~い!」みたいな反応だったんですが一瞬<1人で3回も・・・?キモ>みたいな曇った表情になったのを見逃しませんでした。それはそれで興奮しますが。

 

この後セレッソ大阪のグッズが当たる抽選会になって、サイン色紙とか小物とか色々あったんですが、ボクはタオル当たりました・・・

当たった人はみんなの前出てに賞品を取りに行くんですが、ボクは<こんな気持ち悪い人間が当たっちゃってスミマセンスミマセン・・・>とか小声でブツブツ言いながら猫背で大衆の面前で晒されて嫌な汗いっぱいかいちゃいました。丁度当たったのがタオルで助かりました。

 

結局微妙な空気のままあやねると連絡先交換もできず、この後の試合観戦でも逆転負けで、お通夜みたいな雰囲気のまま街コンが終了しました。

 

コミュニケーション能力に重大な欠陥があるぼっくんですが、思ってたよりちゃんと女性と会話できました。きっと大好きな転職エージェントさんとアホほど面談や面接の練習をしたからでしょう。職の斡旋だけでなくコミュ力まで高めてくれるとは流石です。

 

ただ、趣味の(1人)海外旅行がキモいと思われたらもう僕には公言できる趣味がなくなってしまいます。ゲームもダメ、アニメも2ちゃんねるもダメ海外旅行もダメ、もう見えないロープで雁字搦めに縛られて身動きが取れません。中学の時大縄跳びの縄で首を絞められていじめられたのをた時を彷彿とさせるのでした。

f:id:nonou:20161002211938j:plain

 

 

 

 

Ich bin nonou-chan

夏休みまとめ

 

・シングルルールを予約したのにツインルームにグレードアップしてくれた(余計なお世話)

 

・行きの飛行機でズートピア観て1人で泣いちゃった

 

ベルリンの壁記念館で平和について考えてたら財布スられた

f:id:nonou:20160816214213j:image

 

・特急列車を1等席(グリーン車みたいなの)にしたらかなり快適

 

・現地でオフ会をした。ラーメン屋さんにも行った。

 

ライン川の畔でコーヒーを飲むっていうお洒落なことした

 

・サッカー2試合見て引き分けと負けでした

f:id:nonou:20160816215435j:image

f:id:nonou:20160816215502j:image

 

・メイヒェングラートバツハで両手にビール持ってフォロワさん待ってたらドイツ人の兄ちゃんに「ヘイブラザー!」みたいな感じで肩組まれて話かけられて、あっこれまた財布スられるかもって思った

 

ドルトムントのスタジアムで日本人の新社会人カップルみたいなのに「日本人の方ですか?」って話かけられたから台湾人ってウソついた。

 

・隣に座ってたドイツ人カップルが試合中もチュッチュチュッチュしててプチ心壊

 

・教会で幸せな未来をお祈りした

f:id:nonou:20160816215854j:image

 

・次回は絶対恋人と来たい。

ハイシャチーク・フリーター

すみません本日より約2週間有給消化に入ります。

f:id:nonou:20160716001428j:image

 

今日は会社のお友達と居酒屋さんでお酒を飲みました。

以前のブログでお話した通りお酒を飲むとおトイレが近くなるんだけど、今日の居酒屋さんはおトイレが1つしかなくて、ボクが行った時には誰か入っていたのでドアの前で空くのを待ってました。

並んですぐボクの後ろにベロベロに酔っ払った可愛らしいスーツ姿の女の子が並びに来て、話しかけられちゃいました。

何杯飲んだとかどこに住んでるとか話してるうち、女の子がフラついてぼっくんにもたれかかったと思ったら「飲み方がアマい〜」と叫びながら腕をぼっくんの腰に回してギューーッて抱きついてきて、「ちょっちょつ!?」

ビックリしてテンパっちゃいましたがぼくは生まれて初めて酔って火照った女の子の温もりを知るのでした。

 

気がつくと尿意は消えて股間がちょっとふっくらしちゃったのでした。

 

ワシだけがいない街

f:id:nonou:20160607205928j:plain

すみませんすみませんすみませんすみませんすみませんすみませんすみませんすみません

 

世界売上ランキング20位圏内の同業他社に内定もらいました。

 

中学・高校・大学でまわりが異性とウェイウェイ遊んだりなんか知らんけど酒の勢いでセックスしまくってる中、必死でお勉強してた努力がここで実りました。

 

転職活動を本格的に始めたのは3月末。履歴書は4社に送って書類選考通ったのが3社。

学生のころじゃ考えられない驚異の突破率です。

今の会社で虐められてたから全部仕事を押し付けられていたからこれで経験積めて採用されたのかもしれませんし、面談でブラウスの胸元ボタンが緩めだった大好きな転職エージェントさんの適格なアドバイスによって、学生時代にESで落とされたGUROUBARU企業で働くことができます。

配属も希望した場所に決まったのでよかった。

 

年収も概算70万円くらい上がるし、引越し費用や敷金礼金、その他引越し準備金でいっぱいお金くれるらしい。最高の会社だ。

 

あとは恋人を作れば人生のネクストステージに昇華できるわけだけど、お金目当てでぼっくんに近寄ってくる女の子はちょっとなぁ。

でもでも女性経験が年齢に伴ってないので簡単にダマされそう。これはお勉強ばかりで異性交流をしてこなかった弊害でしょう。

 

ただただぼっくんの人生は明るいことは確かです。お給料、企業規模、勤務地、仕事内容、すべてが現状を大きく上回ります。中学の時通学用のカバンを藻が生えた冬のプールに投げ捨てられたことなんかもう二度と夢に出てくることはないでしょう。たぶん。